海外旅行の基礎知識

海外旅行に役立つ基礎知識やLCCの情報など

ホテル名がどんどん長くなっていく理由

近年、ホテルの名前は
長くなるばかりです。

 

これは増加し続けるホテル予約サイトと、
ホテル間のSEO対策の競争によるものです。

 

現在、ホテル予約サイトを通さず、
直接予約する人は常連客や、
繁忙期に予約しようと思ったら
ホテル予約サイトでは満室なので
最後の手段として直接予約を選ぶ人たちです。

 

ツアー客の客のほとんどは
ホテル予約サイトを通して予約します。
ホテル側から見たら
ホテル予約サイトと提携したらからと言って
安泰というわけではなく、
ホテル間の競争が待っています。

 

ライバルの様子を窺いながら
宿泊料金を調整するだけでは足りず
SEO対策しなければいけない時代になりました。

 

ホテルがSEO対策?

 

「●●ホテル」など単純なホテル名だけで
予約を獲得できるのは超有名ホテルのみです。

 

ホテルチェーンなどは
「●●ホテル+都市名」
が標準となっていましたが、
これでも対応できなくなってしまいました。

 

そこでさらに地名・エリア名が加わるようになりました。
「●●ホテル+都市名+地名」

 

近年は運営会社間の競争が激しくなり
さらに運営会社名まで加わってしまいました。
マネージド・バイ・●×△ホスピタリティとか<
「●●ホテル+都市名+地名+運営会社名」

 

ホテルはテナントという場合も多いのですが、
賃料引き下げ交渉の際、
建物名・施設名を入れるなど条件提示されたのか、
建物名まで入るホテルも増えてきました。
「●●ホテル+都市名+地名+建物名+運営会社名」

 

宿泊客の立場としては
ホテル名+地名で十分なのですが、
運営会社の立場としては
”競争に勝つためには長くせざるをえない”
ということらしいです。
まさにリアルSEO対策です。