読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外旅行の基礎知識

海外旅行に役立つ基礎知識やLCCの情報など

5つ星ホテルは安ければ雰囲気も値段相応

海外旅行の楽しみの1つがホテル選び。
できれば5つ星ホテルに安く!?

 

でも5つ星ホテルに安さを求めてはいけないんです。
それは何故か?

 

ホテルの雰囲気というのは
ホテルの設備や従業員に加え
宿泊客が作り出すものなんです。

 

都市によっては5,000円前後で泊まれる
5つ星ホテルがあります。
しかし、客層は値段相応です。

 

例えば中心部から少し離れた場所や
比較的交通の便が良い郊外。
このような場所にあるホテルは
中国人ツアー客が好んで利用します。

 

以前から利用していた個人客は
他の宿泊客に迷惑をかける
ということはあまりないんですが、
海外旅行の経験が浅い客は
テンションが高くて
大きな声を出したりして
他の宿泊客に迷惑をかけてしまいます。
しかも最悪なのが自覚症状なし。

 

そういうホテルに泊まった時、
いつも思います。
4つ星、3つ星に格下げするべきだと。

 

客室だけではなく、ラウンジにも言えます。
5つ星ホテルのラウンジでコーヒーを飲んだら
会計の際、請求書などはチラ見する程度で、
支払い金額など気にせず
気前よく払うべきだと思います。
そしてお釣りの小銭や少額紙幣は
チップとして置いて席を離れる。
このような客の行為がラウンジの雰囲気を作るわけで、
5つ星ホテルでケチるべきではないと思います。

 

例えばの話ですが・・・
クアラルンプール・バンサーのプルマンとか
中国・無錫のハイアットリージェンシーとか。
他にももっとたくさんあります・・・