海外旅行の基礎知識

海外旅行に役立つ基礎知識やLCCの情報など

片道航空券なら格安航空会社(LCC)で決まり!

大手旅行会社で購入できる格安航空券は
往復航空券が基本となっています。
しかも、有効期間まで決まっています。

 

これはパックツアーの航空券とホテルを
バラ売りしているので仕方ありません。

 

片道航空券を購入しようと思っても
往復航空券とほとんど同じ値段だったり、
往復航空券のほうが安いことさえあります。
「だったらとりあえず往復航空券を買って、
帰りの分は捨てればいい」
このように考えるバックパッカーも多かったのです。

 

しかし、定められた期間に往復することが条件で
格安で販売された航空券なのに、
帰りの分を捨てることは規約違反なのです。
それで航空会社のブラックリストに載せられたり、
違約金を払わされた旅行者もいました。
「現地で怪我をして予定日に搭乗できなくなりました」
と航空会社に一本電話を入れておいたら
ブラックリストと違約金は回避できたのですが。

 

今までは日本での片道航空券の購入は
かなり条件が悪かったのです。
しかし、格安航空会社(LCC)の登場で
片道航空券が一気に買いやすくなりました。
格安航空会社(LCC)では片道航空券の販売が基本なのです。

 

片道航空券を組み合わせることで
自由に色んな国、色んな都市を周遊できるようになりました。
しかも、運賃に少し追加料金を払うだけで、
日程の変更が可能になったりしました。

 

ただし、1つだけ注意点があります。
それは観光ビザの滞在可能な日数です。
その日数を超える滞在の場合、チェックインの際、
にその国を出国するための航空券を提示しないと
搭乗させてくれないことがあるのです。
これは不法滞在を未然に防ぐためなので仕方ありません。
格安航空会社はまだ緩いほうなのですが、
普通の航空会社(レガシーキャリア)は厳格です。

 

「とりあえず出国するためのダミーの予約を入れて、
 現地に到着してからキャンセルしてください」
というふうに配慮してくれる航空会社もあるのですが、
「ここで出国するための航空券を予約してください。
 それができなければ搭乗することはできません。」
という航空会社もあります。
もちろん、長期滞在可能なビザを持っていれば
全く問題なく搭乗することができます。

 

片道航空券の購入が容易になったとは言え、
不測の事態を防ぐためにも、
滞在日数の制限に引っかからない程度の
大雑把なルートでもかまわないので、
航空券を用意しておくことが重要だと思います。
(できれば日程変更可能なタイプの航空券)