海外旅行の基礎知識

海外旅行に役立つ基礎知識やLCCの情報など

格安航空会社(LCC)はなぜ安いのか?

格安航空会社(LCC)は座席の間隔が狭いとか、
食べ物や飲み物が有料だから気に入らない
という人が多いのも事実です。
しかし、世界を見ると格安航空会社は
マーケットが拡大する一方です。

 

では、何故、格安航空会社の利用客が
世界で増加しているのでしょうか?

 

日本人にとって移動手段と言えば
新幹線などの鉄道や長距離バスが一般的で、
飛行機はまだまだ贅沢な乗り物と
考えている人が多いと思います。

 

その影響で、海外へ行く飛行機の機内では
機内食を食べたり、好きな時に飲み物を飲んだり、
フルサービスを受けるのが飛行機といういうもの
と考えてる人が多いのでしょう。

 

そのため、格安航空会社(LCC)の有料オプションなど
なかなか納得できないのかもしれません。

格安航空会社が料金を安くできる理由は
何と言っても無駄なコストの削減です。

 

●混雑を避けるため第2空港(地方空港)を利用

 

大空港だと時間帯によって混雑するため、
ダイヤが大きく乱れる原因になります。
第2空港だと離発着がかなり少ないため、
ほぼ希望通りの時間帯に離発着でき、
運航する便数を増やすことが可能になります。

 

●飛行機の整備費用を抑えるため機材を統一

 

パイロットは全ての機材を操縦できるわけではなく、
機材に応じて免許を取らなければいけません。
世界で最も普及している機材が、近・中距離に最適な
エアバスA320ボーイング737なのです。
また、整備しやすい機材であるため、
整備時間、整備費用も安く抑えることができます。

 

●空港での駐機時間を短くする

 

空港の大きな収入源の1つに着陸料と駐機料があります。
搭乗ゲートが遠く滑走路に近い位置だと
駐機時間を短くすることができ、コスト削減に繋がります。
また、ボーディングブリッジを使わないことで
コストを削減することが可能になります。

 

●機内清掃しやすいようにレザーシートを使用

 

飛行機の機内清掃もコストがかかります。
普通の航空会社(レガシーキャリア)の場合、
機内清掃は外部に委託していることがほとんど。
格安航空会社ではキャビンアテンダントが清掃します。
普通の座席だったら、飲み物などこぼしてしまったら
清掃するのが大変になってしまいますが、
レザーシートなら水分をはじく為、
軽く水拭きするだけで汚れを拭き取ることができます。
これが清掃時間の短縮につながります。

 

●機内での食事は希望者のみ有料で提供

 

機内食は乗客全員が食べたいというわけではありません。
本当は食べなくてもいいのに出されたから食べてた
という人が半数以上を占めます。
機内食を有料化することで収益にも繋がりますし、
重い食べ物を積み込まなくてもいいので、
燃料の消費を減らすこともできます。

 

●座席指定の有料化

 

航空会社にとっては顧客のリクエストを聞いて、
全て希望通りにできるわけではありません。
やはり良い席はお金を払ってくれた人に
割り当ててあげたいですよね。
友達3人で旅行したのにバラバラの座席だった
というのはよくある話ですが、事前に座席指定
しておけば確実に3人並んで座ることができます。
また、2泊3日での弾丸旅行の場合、
いかに時間のロスを減らすかが重要になります。
到着後すぐに飛行機から降りて、
電車やバスに乗りたいという人もいます。
そのような人に人気なのが前方の通路側です。
やはり機体前方の通路側も座席指定しないと
確保できない競争率の高い席です。
これは航空会社・利用客の双方にとって
メリットのあるシステムなのです。

 

●発券手数料の有料化

 

今までは航空会社が旅行会社に対して
発券手数料を支払ってました。
これは航空会社にとっては大きな負担でした。
格安航空会社はこの発券手数料を有料化し、
利用客の負担にしました。
しかも数十分の1の安さです。

 

●受託手荷物の従量課金

 

航空会社に預ける手荷物の重さは人それぞれです。
手ぶらの人もいれば100Kg持ち込む人もいます。
荷物が少ない人にとっては不公平でした。
これを従量課金にすることで、
超過料金の設定を大幅に改善することができました。
荷物が少ない人は安く多い人でもかなり割安な料金で
手荷物を預けることができるようになりました。

 

●機内販売で購入しやすい商品を揃える

 

今までは機内で購入できる物と言えば免税品でした。
しかも決して安くない免税品です。
格安航空会社の機内で購入できるアイテムは
航空会社関連グッズで数百円~数千円の物が多く、
機能的なポーチや変換プラグなど
現地で役立つ物も多く気軽に購入できるのが特徴です。

 

以上が格安航空会社が料金を安くできる主な理由です。
飛行機の機内で充実したサービスを受けたいなら
普通の航空会社のビジネスクラスを利用すればいいですし、
できるだけ安く目的地に行ければそれでいいという方は
格安航空会社(LCC)を利用すれば良いのではないでしょうか。