海外旅行の基礎知識

海外旅行に役立つ基礎知識やLCCの情報など

FIX(フィックス)タイプの格安航空券とはどんなもの?

旅行会社で航空券を購入することができますが、
その大半が格安航空券と呼ばれている
通常、航空券とホテルがセットになってるツアーの
航空券のみをバラ売りしたものです。

 

格安航空券にはFIX(フィックス)、OPEN(オープン)、
FIXOPEN(フィックスオープン)があり、
この中でシェアの大半を占めているのが
FIX(フィックス)と呼ばれる種類の航空券です。

 

このFIX(フィックス)タイプの航空券には
どのような特徴があるのでしょうか?

 

最大の特徴は出発日によって値段にバラつきがありますが、
最安値近辺の値段で購入できるのが特徴です。
しかし、安いだけあって制限があるのです。
何と日程の変更が不可能なのです。

 

例えば日本から最も気軽に行くことができる国、
韓国行きの格安航空券ですが、
3~8日間FIXという格安航空券が主流になっています。
出発日を含めて最低でも3日以上現地に滞在し、
8日以内に帰国して旅を完了しなければならいということです。
韓国に行くほとんどの人はこの範囲内に収まると思います。

 

もし、7日目に帰国で現地が悪天候に見舞われて
飛行機に乗れなかった場合どうなるのでしょうか?
基本的にはFIX(フィックス)タイプは
搭乗予定の飛行機が欠航しても何の保証もありません。
しかし、期限内に運航される便で
空席がある場合は変更してくれることが多いようです。
もし、変更には応じられないと言われてしまったら、
その時は諦めて航空券を買いなおすしかありません。

 

 

 

それともう1つ注意すべき点があります。
それはFIX(フィックス)タイプの格安航空券は
FIXOPEN(フィックスオープン)や、
OPEN(オープン)タイプの格安航空券に比べ、
予約クラスが低いということです。
大勢の人が搭乗する便の変更希望を申し出た場合、
予約クラスが高いOPEN(オープン)や
FIXOPEN(フィックスオープン)の航空券を持ってる人が
優先的に乗れるようになるため、
どうしてもFIX(フィックス)タイプの航空券の人は
後回しになってしまうというわけです。

 

FIX(フィックス)タイプの格安航空券は
最安値に近い分、融通が利きません。
購入の際はこのような上記のリスクを理解して
納得した上で購入していただければと思います。