読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外旅行の基礎知識

海外旅行に役立つ基礎知識やLCCの情報など

ホテルのアーリーチェックインとレイトチェックアウト

世界中のホテルでほぼ共通しているのが
チェックインとチェックアウトの時間です。
チェックインは通常15時、チェックアウトは12時
これがホテルの世界標準となっています。

 

しかし、空港周辺のホテルや
海外からの観光客が多いホテルでは
通常より早くチェックインできる
アーリーチェックインができるホテルもあります。

 

早朝に到着してチェックインまでの間、
何時間も待たされたりするのは辛いですよね。
少しでも早くチェックインして、
シャワーを浴びたりベッドで横になったりして、
疲れを取ってから観光とかショッピングに行きたいですね。

 

アーリーチェックインとは言ってもいろんな形態があります。
「空室があるので朝早くても追加料金はけっこうです」
と言ってくれる良心的なホテルもあれば
「チェックインできますが1泊分いただきます」
というところもあります。
「アーリーチェックインは正規料金の50%で可能です」
という中間をとっているホテルもあります。

アーリーチェックインで1泊分の料金を取るホテルは
トータルで2組・2泊なのに3泊分の料金を取ってたりします。
こういう部分からもホテルの企業体質を見ることができます。

 

また、レイトチェックアウトという
サービスを提供しているホテルもあります。
「通常チェックアウトは12時ですが、17時でOKです」
といった感じのサービスです。

 

 

 

夜の便で帰国する場合、ホテルチェックアウト後、
荷物をどうしようか困ることもありますし、
空港へ行く前にショッピングに行って、
スーツケースを広げて整理したかったりしますよね。
そんな時、17時チェックアウトだと助かりますね。

 

海外でもホテルの清掃係が17時とか18時に
仕事を終えて帰宅するのが普通なので、
レイトチェックアウトが可能だったりするのです。
特にツアーの利用客が多いホテルでは、
個人客とは違い、チェックインする時間と
チェックアウトする時間が事前に報告されているので、
ホテル側としても部屋を有効に使うことが可能になります。

 

海外のホテルでは清掃係にも早番と遅番があって、
夜11時に部屋を清掃している場面を見かけることもあります。
そのようなホテルはシステムがしっかりしているので、
アーリーチェックインとレイトチェックアウトのシステムを
上手く利用できるのではないかと思います。
海外旅行ツアーでもオプションで
アーリーチェックイン対応の物もあるので、
上手く利用して快適に旅行していただければと思います。