読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外旅行の基礎知識

海外旅行に役立つ基礎知識やLCCの情報など

ホテルのディポジットとは何か?

海外のホテルでチェックインする際、
ディポジットの支払いを求められることがあります。

 

日本のホテルでは全く聞かない言葉ですが、
ディポジットとは何なのでしょうか?

 

簡単に言うとディポジットというのは
敷金(保証金)のことです。

 

何故、このようなシステムがあるのかと言うと、
ホテルの備品を乱暴に使って壊したり、
持ち帰ったりしたりする人がいるためです。

 

文化の違いとしか言いようがありません。
日本人の場合は「人様の物は丁寧に扱いなさい」
と子供の時に親から教えられるのが普通なので、
ホテルの物を壊したり持ち帰る人はほとんどいません。

 

しかし、他の国の人は
「ホテルに泊まるのにお金を払ったんだから
 備品をどう使おうが自分の自由」
と考える人が少なくないのです。

 

備品の所有権は当然、ホテルにあります。
営業するのに必要な物ですから破損したり
無くなってしまったら困ります。
それで宿泊客が壊してしまった場合、
支払ったディポジット(保証金)で弁償してもらう
というシステムがあるのです。

 

 

 

ディポジットをいくら支払うかはホテルによって違いますし、
宿泊日数によって金額が決められるホテルもあります。
また、宿泊日数に関係なく一律としているホテルもあります。

 

ディポジット(保証金)の支払い方法も、
現金での支払いを求めるホテルもありますし、
クレジットカードで支払って、チェックアウトの際に
ディポジット分をキャンセルするホテルもあります。
前者は小規模のホテルに多く、
後者は大規模なホテルに多いのが特徴です。

 

ディポジット(保証金)を求めないホテルもありますが、
基本的にディポジット(保証金)を求められる
と考えておいたほうがいいかもしれません。