海外旅行の基礎知識

海外旅行に役立つ基礎知識やLCCの情報など

ホテルでのインターネット接続(有線LAN/Wi-Fi)

現在、世界では一部の国を除き
インターネットは生活に溶けいて、
ほとんど生活インフラの一部となっています。

 

高級ホテルは当然として、
安宿・ゲストハウス等でも
インターネットに接続することができます。

 


日本のホテルの場合、
宿泊客の多くがサラリーマンであるため、
インターネット回線が切れないことが
最も重要と考えられています。
そのため、Wi-Fiでの接続がダメでも
有線LAN接続が可能なホテルがほとんど
というのは大きな特徴です。

 

これは海外旅行には必須とも言えるアイテムです。
Wi-Fiの電波が弱くても有線LAN対応の客室であれば、
これをルーターとして使うことができます。

 

f:id:stak2012:20161210133343j:plain

 

海外では逆に有線LANが普及してなく、
導入コストが安いという理由もあり、
Wi-Fiのほうが普及しています。

 

Wi-Fiは便利ですが、
電波状態にムラがあるのが欠点です。
ルーターは各フロアのエレベーター付近に
設置されているホテルが多く、
エレベーターから離れた奥の部屋は
全く電波が入らない可能性が高いのです。

 

日本では有線LANとWi-Fiの両方に対応していて
しかも無料というビジネスホテルが多く、
このような形態が理想と思えます。

 

海外でも有線LANとWi-Fiの両方に対応している
ホテルがあるのですが、気になるのが料金です。
大半のホテルは無料で接続できますが、
24時間1,000円前後の料金設定しているホテルも
少なくないのが現状です。

 

 

 

インターネット接続が有料というのは
宿泊客の立場としては痛いのですが、
有料ということで利用しない客も多く、
そのため回線に余裕が出るというメリットもあります。

 

インターネット環境もホテル選びの重要な要素です。
海外ホテル予約サイトを通して予約する際、
リクエストを出すことができます。
電波の状態が良い部屋に泊まりたい場合、
エレベーター付近希望という
リクエストを出すことをおすすめします。