読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外旅行の基礎知識

海外旅行に役立つ基礎知識やLCCの情報など

宿泊料金が高いのは地価や賃料が反映されるから

ロンドン、パリ、ニューヨークなどの
観光客が多い都市には多くのホテルがあります。
同じホテルチェーンでも
市内や近郊都市など数か所にあったりします。

 

そこで、中心市街地にあるホテルの
宿泊料金を調べてみると、
あまりの高さに驚いてしまうかもしれません。

 

しかし、充実した滞在にしたいので、
ホテルのグレードは下げたくありません。
というわけで20Kmほど郊外(地下鉄の終点)にある
同じホテルチェーンの同じような部屋の宿泊料金を調べたら
何と中心市街地の半額の料金!
この差は一体何なのでしょうか?

 

ホテルというのは商業用不動産であるため、
土地代や賃料が宿泊料金に転嫁されてしまうのです。

 

フランスのパリなどは非常にわかりやすいのですが、
シャンゼリゼ通りの4つ星ホテルで
1泊3万円というのはさらにあります。
しかも内容に見合った料金ではないという苦情が多数。
そして郊外の同じ系列のホテルの料金を調べてみると
1万円くらいだったりするのです。

 

ホテルの所有者が自社が所有しているのか、
賃貸で借りているのかによっても料金に差が出ます。

 

自社所有のビルであれば
「ローン返済分+利益」
が料金に反映されるだけなのですが、
賃貸で借りている場合は
「所有者のローン返済分+所有者の利益+自社の利益」
というように余計なコストがかかってしまいます。
賃貸のタイプは中心市街地に多いのです。

 

ホテルというのは商業用不動産ということで
投機マネーが集中したりします。
金持ちのマネーゲームですね。
結局、そのツケは消費者である
ホテルの宿泊客が払わされることになるのです。

 

 

 

もちろん、そこに泊まるだけの価値があるなら
1泊3万円とか5万円とか払っても構わないと思います。
しかし、大半の人は1泊15,000円を超えると
かなり抵抗を感じてしまうのではないでしょうか?

 

安くお得に泊まるためには
不動産投機(ギャンブル)の対象になっている
中心市街地を避け、交通の便の良い
郊外のホテルに宿泊するのが良いかもしれません。

 

このブログではできるだけ
立地の良い郊外のホテルの紹介に
力を入れたいと思います。