海外旅行の基礎知識

海外旅行に役立つ基礎知識やLCCの情報など

なぜ海外のホテルは部屋から見える景色によって料金が変わるのか?

日本のホテルの場合、
部屋のタイプによって宿泊料金が変わりますが、
部屋から見える景色によって
宿泊料金が変わることはほとんどありません。
(一部リゾート地を除く)

 

しかし、海外のホテルの場合は、
部屋から見える景色によって
料金が変わるホテルが多いのです。

 

日本人にとって旅行と言えば
観光名所を回ってご当地の美味しい物を
食べるという人がほとんどで、
ホテルは単なる寝る場所となっています。

 

欧米人の場合は観光よりも
ホテルでの滞在を重視しています。
ホテルの部屋にいる時間も長くなるので、
景色も重要な要素というわけです。
このため、部屋からの眺望によって
価格差が生じるというわけです。

 

ホテルの低層階だと
隣のビルの壁とかオフィスが見えたりして
あまり落ち着かないかもしれません。
このような部屋は安くなる傾向があります。

 

 

 

高層階は眺望が期待できて、
街の夜景を楽しむことができたりする部屋は
割高に設定される傾向があります。

 

最も高いのは高層階の角部屋です。
部屋から見える景色が広範囲になるため、
スイートルームとして使用されるからです。

 

海外のホテルの宿泊料金の仕組みがわかると
自分の目的に合った最適なホテル選びができるようになり、
無駄なくお得にホテルに滞在できるようになります。