海外旅行の基礎知識

海外旅行に役立つ基礎知識やLCCの情報など

治療費には対応してないクレジットカード付帯の海外旅行傷害保険

空港やショッピングモールなどに行くと、
クレジットカードの宣伝ブースをよく見かけます。
案内係はクレジットカードに付帯している
海外旅行傷害保険をかなり強調して、
契約に結び付けようとします。

 

海外旅行中、何かトラブルがあって
保険金を請求する人は少なくありません。
その保険金請求の内容で、
疾病治療、傷害治療、携行品が上位3位に入ります。
この中で特に問題なのが現地で怪我をしてしまって
病院に行って治療する際にかかる傷害治療なのです。

 

クレジットカードの申し込みをする際、
案内係に海外旅行傷害保険が付帯していると聞き、
これが決め手で申し込みしたのに、
実際に必要な場面になったら
保険適用外と言われてしまう人が後を絶ちません。

 

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険は
残念なことに、年々改悪されているのです。
普通のクレジットカードで傷害治療に対応しているのは
シティバンクくらいで、JALは上位クラスのカードで
50~100万円まで対応という形になっています。

 

 

 

ANAカードは一般カードでは傷害治療は一切なし、
ワイドスーパーフライヤーズ会員で上限150万円、
JALカードは一般カードでは傷害治療は一切なし、
CLUB-Aカードで上限150万円、
楽天カードは普通のカードは保険一切なし、
プレミアムカードのみ200万円まで対応となっています。

 

もし、既に持っているクレジットカード付帯の
海外旅行障害保険が十分な内容ではなかったり、
保険一切なしに改悪されていた場合、
海外旅行傷害保険に対応したクレジットカードの
申し込みをすることをおすすめします。
短期であれば旅行代理店で掛け捨ての
海外旅行傷害保険に加入するのが安上がりで良いと思います。

 

※ゴールドカード、プラチナカードなどは
 空港のラウンジを利用できるという特典もあり、
 年に2~3回以上海外旅行される方には特におすすめです。