海外旅行の基礎知識

海外旅行に役立つ基礎知識やLCCの情報など

旅行客でごった返す繁忙期の空港、旅行会社は儲かるのか?

ゴールデンウィーク、お盆、年末年始など、
海外旅行で日本を出発する旅行客でごった返す
空港の出発ロビーの様子がテレビのニュースで流れ、
その時期の風物詩に近いものになっています。
もちろん、旅行代金も一年の中で最も高く、
値下げしなくても予約でいっぱいになります。
旅行会社にとってはその時がいちばんの儲け時?
と思ってしまう人も多いのではないでしょうか?

 

航空会社やホテルにとっては儲け時かもしれませんが、
旅行会社は儲かるということはなく、面倒なだけなんです。
混雑して人の密度が高くなることによってトラブルが多発し、
それに対処したりしなければいけませんから。
景気の悪化とともに日本人の財布の紐も固くなり、
免税店や提携してる店などからのキックバックも
以前と比べてかなり減ってしまったようです。

 

 

 

では、いつが儲け時なのでしょうか?
現在ではオフシーズンで儲けてるようです。
旅慣れた人ほどハイシーズンを避け、
オフシーズンに旅行するようにしていて、
現地の事情やアクティビティにも詳しい人が多いので、
旅行会社としてはより高品位なツアーを作らなければいけません。
そこでお客さんが満足してくれたらリピーターになってくれますし、
満足してくれなかったらもう二度と参加してもらえません。

 

本当に満足できる旅行ツアーは
オフシーズンのほうが多い。
これはこれからの常識になることでしょう。