海外旅行の基礎知識

海外旅行に役立つ基礎知識やLCCの情報など

空港到着からホテルまでの送迎で儲ける格安ツアーの仕組み

日本のホテルでも海外のホテルでも、
たいていは15時からチェックインできます。
部屋が空いている場合は15時前でも
チェックインできるホテルもかなりあります。
仮にチェックインできなかったとしても、
荷物を預かってくれるホテルがほとんどです。

 

もし、現地到着時間が早朝で
ホテルにチェックインできなかったとしても
ホテルに荷物を預かってもらって、
遊んだり買い物したり自由行動したいですよね。

 

しかし、格安パックツアーの場合、
早朝に現地に到着しても”ホテルまで無料送迎”
という名目でホテルのチェックインが可能になる
15時まで色んなところに連れていかれます。
旅行会社にとってはこの時間がツアー客を拘束できる時間で、
できるだけ財布の紐を緩くさせてお金を遣わせたいのです。

 

定番中の定番と言えば免税店で、
だいたい割引クーポンの束を渡されます。
もちろんそこにはしっかりと代理店コードの刻印も。
免税店は確かに税金が免除されて安いイメージがありますが、
定価にかかる税金を免除している程度のものです。
割引価格で販売してくれる上に購入金額が一定金額以上になると
免税手続きもしてくれる現地のデパートやショップのほうが
支払い総額がずっと少なくて済む場合がほとんどです。

 

 

 

最近では、追加料金を支払うことで
空港からホテルまでの送迎を断ることができるという
格安パックツアーなどもあったりします。
本当は拘束してあちこち連れまわすことで得られる利益を
顧客に負担してもらおうというのが徴収する目的です。
実際のところ、送迎にはコストはかかるのでしょうか?
ほとんどタダみたいなものというのが答えでしょう。
なぜなら免税店から入るバックマージンで
空港からホテルまでの送迎にかかる費用をペイできるからです。

 

ツアー代金の安さに飛びついてしまって、
現地で長時間拘束されて不快な思いをしないためには
しっかりと内容を精査することが重要だと思います。