海外旅行の基礎知識

海外旅行に役立つ基礎知識やLCCの情報など

友達と格安海外ツアーに参加、ホテルのバス・トイレは何とガラス張り!

格安の海外パックツアーでは
旅行会社が売れ残りのホテルを
格安で仕入れて割り当てることが多いため、
直前まで宿泊先のホテルが決まりません。
もちろん自分でホテルを選べません。

 

通常、友達2人でツアーに参加したら
ベッドが2つあるツインルームに泊まることになります。
もちろん、バス・トイレ付きです。
空港に到着して現地ガイドと合流した後、
行きたくもない免税店に連れて行かれ、
一通り観光してから宿泊先のホテルへ。
そして、ホテルにチェックインして
部屋に入ってみたら比較的広くてキレイな部屋。

 

しかし、バス・トイレがガラス張りで、
バスタブはベッドの真横!
いっしょにツアーに参加した友達は仲が良いとは言え、
これでは気まずい雰囲気になってしまいますね。
欧米やアジアではこのようなホテルが急増しています。
部屋を広く見せるために浴室は壁ではなく
ガラスを採用しているとのことです。
(どんなに広く見せようと努力しようとも
物理的に広くなることは絶対にありません。これ重要)

 

欧米人の宿泊客が多いホテルは
だいたいこのような傾向になってしまいます。
それが彼らが求めている物なので。
(ガラス張りだと開放感を感じられるそうです!?)
旅行クチコミサイトで情報を探してみても
バス・トイレがガラス張りかどうか
言及している人は皆無に近いです。
ガラス張りかどうかより朝食のほうが重要らしいです。
普通は逆だと思うんですが・・・・・

 

有名な外資系の4つ星・5つ星ホテルも関係なく
ガラス張りのホテルは増えてきています。
ガラス張りのバス・トイレに言及する人が
増えないというという状況が続いたら、
ガラス張りのバス・トイレは増える一方でしょう。

 

 

 

建設業者からしたらコストカットするのに最適ですしね。
ヨーロッパみたいにショッピングモールのトイレも
ガラス張りになったりして・・・・・
マスコミを使えばトレンドを作るのなんて簡単です。
有名人を使って「素敵」などプラスの感想を連発させて、
それに同調する人が大半であるように見せればOK。

 

反論しようものなら干されますからね・・・
日本でも建設業者とか大工さんなんかも
ガラス張りを勧めるみたいですしね・・・
それにしてもガラス張りかどうかより
朝食の方を重視する人が多い(圧倒的多数)
というのは理解に苦しみます。

 

ホテルに滞在中、またバス・トイレ使用中は
かなり気まずい雰囲気になるかもしれませんが、
もう受け入れるしかないということでしょうね。
宿泊先のホテルを選択することはできない
という規約に同意して
格安ツアーに参加した人にも責任があるのです。
もし、そのようなホテルを避けたい場合は
しっかりと情報収集した上で
ホテルを選ばなければいけません。