海外旅行の基礎知識

海外旅行に役立つ基礎知識やLCCの情報など

個人客とツアー客で違うホテルのサービス

年に何回も海外旅行できる人は限られています。
旅行を最大限、楽しむためにも
良いホテル・良い部屋に泊まりたいものですね。
しかし、格安海外ツアーの場合、
良い部屋に泊まれることはほとんどありません。
それは何故でしょうか?

 

旅行客を受け入れるホテル側は
ツアー客より個人客を重視しています。
ツアー客がリピーターになってくれる可能性は
ほとんどないのでサービスには力を入れてくれません。
個人客の場合は満足できる滞在ができたら
これから先、リピーターになってくれて、
友達等にも紹介してくれる可能性があります。
そのため、ホテルは個人客を重視するのです。

 

また、ツアー客と個人客が宿泊する部屋は
別々のフロアになっている所が多いです。
それは友達の部屋に遊びに行ったりすることで、
ドアの開け閉めする回数が増え、
人によっては乱暴にドアを閉めたりするので、
他の宿泊客に迷惑がかかってしまいます。
そのため、ツアー客は同じフロアにまとめるのです。

 

この同じフロアにまとめることによって
新たな問題も発生するようになりました。
全員が同じフロアなのかもしれませんが、
そのフロアには一般客も宿泊しているんです。
一般客の部屋の前と左右の部屋が中国人ツアー客という場合が多く、
中国人ツアー客が隣の一般客の部屋も同じツアーの参加者の部屋だと
勝手に思い込んでドアを強くノックして大声を出したりします。

 

このような場面に遭遇した一般客はホテルに苦情を言うか、
もしくは「もうこのホテルには泊まらない」と決め、
レビューサイトに投稿する際、最低のスコアにします。
このため比較的評価が高いホテルであっても
最低のようなスコアを付けている人がちらほらいるわけです。
ホテル側としてもこのような事態は避けたいのです。

 

 

 

それから気になるのが部屋の臭いです。
大抵のホテルでは禁煙ルームと喫煙ルームは
フロアによって分けられています。
個人の宿泊客であれば禁煙か喫煙か希望を出せますが、
格安ツアーの場合はリクエストを出すことができません。
希望通りの部屋でなかったとしても、
その条件を受け入れるしかありません。

 

水が出ないとかエアコンから水が漏れるという場合は
ホテル側の管理義務違反になるので部屋を
変えてもらえる可能性が高いですが、
それ以外の理由では部屋は変えてもらえないと
覚悟しておいたほうがいいかもしれません。

 

より高品位の海外旅行ツアーなら宿泊するホテルや
部屋のタイプを指定できるものが多いので、
海外旅行で不快な思いをしたくないという方は
リクエスト可能で柔軟に対応してくれる
高品位のツアーを選ぶのが正解と言えるでしょう。