読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外旅行の基礎知識

海外旅行に役立つ基礎知識やLCCの情報など

てるみくらぶ破産について一言②

海外旅行の基礎知識

てるみくらぶ破産について一言②

 

2017年3月24日に問題となった
格安旅行会社で有名なてるみくらぶですが、
トラブルに巻き込まれ出発している人たちが
昨日よりさらに出てきています。
受け付け分=トラブルに巻き込まれる人の予備軍なので
増えることはあっても減ることはありません。

 

出発できるかどうか不安な方は
旅行会社ではなく航空会社とホテルに
直接問い合わせることをおすすめします。
航空会社側はすぐに回答できると思いますが、
ホテルはかなり厳しいと思います。
てるみくらぶとホテルの間に
何社入ってるかわからないからです。
チェックイン前日とか3日前に取り次ぎ業者から
宿泊予定者の名簿が届くという形もあるので、
名前が無いと言われる確率もかなり高いと思います。

「宿泊者名簿に名前がない」というのはよくある話で、
ホテル側のネット環境が不安定な時にリストが送信され、
受け取ることが出来ないことなどがその原因です。
このような場合、大規模なホテルではアップグレードや
近所の系列ホテルへの案内という形で対応してくれたりしますが、
小規模なホテルは対応できない場合が多く、
他のホテルを探すか野宿するしかありません。

 

今回は「てるみくらぶ」が問題になりましたが、
一歩手前という状態の旅行会社はその数倍あります。
大手旅行会社も厳しい状態だと思います。


日本を代表する某大手旅行会社の
売上高利益率はわずか1%です。
3%程度の旅行会社もありますが、
本業だけではなく関連会社の分も含まれてます。
100万円売り上げて1万円の儲けを出すようなものです。
旅行商品によって利益率は違いますが、
平均すると1%になってしまいます。

日本は増税路線まっしぐらで、
一般人の可処分所得は右肩下がりに下がってます。
当然、デフレマインドもさらに加速してしまいます。
消費者の要求は益々厳しくなり、
旅行会社は経費や人件費を削り、
さらに大きなリスクを取って激安商品を提供しなければいけません。
直接リスクを取るのは旅行会社ですが、
最終的にリスクを取るのは消費者ということになります。

だから今回、トラブルに巻き込まれて
出発出来なかった方に対しては
「ご愁傷さまでした。」
としか言う事ができません。

 

安くなることは消費者にとっては良いことかもしれませんが、
一方で消耗戦に巻き込まれる人たちも出てきます。
その消耗戦に巻き込まれてしまったのが旅行会社で、
被害者はむしろ旅行会社の方だとも言えます。
旅行会社が運転資金を削って安値で商品を提供し、
削った部分が巡りに巡って
旅行会社の負債になってしまったと考えることもできます。

「経験値を増やすために期間を決めて
バックパッカーになるのはいいけど、
節約のためにバックパッカーになるのはやめるべき」
このようなことを以前、主張させていただきましたが、
上で述べたことと同じような理由だからです。
成功するどころか心が疲弊するだけなので。

 

 

 

てるみくらぶ破産について一言①

海外旅行の基礎知識

てるみくらぶ破産について一言①

 

超格安海外ツアーで有名だった
「てるみくらぶ」が問題になってますが、
今回、被害に巻き込まれて
出発・宿泊できなかった方には
「ご愁傷様です」と言うしかありません。

 

似たようなトラブルは過去に日本でも起こりましたし、
海外でも頻繁に起こってます。

超激安航空券を購入する際、
このようなトラブルを回避するために
「できるだけ早く発券する」
というのが旅慣れた人たちの間では常識でした。

発券後はキャンセルや払い戻しの条件が
非常に厳しくなってしまいますが、
それでもこのようなトラブルを避けるために、
発券には細心の注意を払うべきでした。
「そんなことは誰も教えてくれなかった」
と言われるかもしれませんが・・・
だからこそ超激安の航空券は
1円でも安くと考えてる人に押し付けられるんです。

海外の旅行会社で航空券を購入したことがある人は
「今、発券しますか?」
などと聞かれたことがあると思います。
やはり日程を確定させたいので大半の人は
「それじゃ、お願いします」
と答えてすぐに航空券を手にします。
海外発券でのトラブルの話を滅多に聞かないのはそのためです。
旅行会社まかせでギリギリまで発券しない人たちは
それなりにトラブルが多いのかもしれませんが・・・

 

これから超安い航空券を購入する方は
予約する際に発券時期について聞いてみてください。
もちろん、キャンセル・払い戻し条件についても
しっかり読んで納得した上で。

 

ちなみに海外旅行経験が100回超の人は
意外とこのようなトラブルは経験していないものです。
突然、都合が悪くて取りやめたことはあっても、
トラブルに巻き込まれるというのはほぼゼロに近いです。
デメリットもしっかり把握した上で予約するので。

 

「可能な限り安く、1円でも安く」
という極度の節約思考はデフレマインドを加速させるので、
何れブーメランとなって自分に戻ってくる。
心理学ではごくごく基本的なことです。

 

 

 

【キングス・フォード・スミス国際空港(SYD)】オーストラリア/シドニー

オーストラリア 空港

キングス・フォード・スミス国際空港
Kingsford Smith International Airport

 

国:オーストラリア
都市:シドニー
3レターコード:SYD

 

シドニー国際空港(キングス・フォード・スミス国際空港)は
セントラル駅の南約6.5Kmの場所に位置しています。
主な移動手段はエアポートリンク・路線バス・タクシーです。

 

【エアポートリンク】

 

国際線ターミナル~国内線ターミナル~マスコット~
グリーンスクエア~セントラル~ミュージアム~セントジェームズ~
サーキュラーキー~ウインヤード~タウンホール

 

料金:国内線17.4ドル、国際線18.2ドル


【路線バス】

 

400

 

シドニー国際空港~ロックデール
シドニー国際空港~バーウッド
シドニー国際空港~ボンダイジャンクション

 

【安く移動する方法】

 

国際線ターミナルからアーンクリフ駅まで徒歩で移動し、
アーンクリフ駅から電車に乗ると最安値で移動できます。
タウンホールまで2.94ドルくらいです。
ハーストビル、ウーロンゴン方面へ行く場合は
アーンクリフ駅から電車に乗るのがおすすめです。

 

キングスクロスもアーンクリフ駅を利用すると安く上がります。
400番の路線バスでボンダイジャンクションまで行き、
ボンダイジャンクション駅から電車で移動。

 

ハーストビル、サザーランド方面へは、
400番の路線バスでロックデールまで行き、
ロックデールからハーストビル、
サザーランド方面行きの電車に乗ります。

 

ストラスフィールド、パラマタ方面へは
路線バス+電車がおすすめです。
400番の路線バスでバーウッドまで行き、
バーウッド駅から電車に乗ります。
バーウッド駅の隣のストラスフィールド駅は
快速電車などほとんどの電車が停まります。
キャンベルタウン、ブラックタウン、カトゥーンバ行きの電車も
ストラスフィールドで乗り換え可能です。

 

【シドニー・キングスフォード・スミス国際空港周辺のホテル】

 

国内線ターミナル

 

イビス・バジェット・シドニーエアポート
マスコット
クエスト・マスコット・サービスアパートメンツ
スタンフォードプラザ・シドニーエアポート
イビス・シドニーエアポート
ホリデイイン・シドニーエアポート
アディナ・アパートメントホテル・シドニーエアポート

 

国際線ターミナル

 

リッジス・シドニーエアポートホテル

 

アーンクリフ

 

メルキュール・シドニーインターナショナルエアポートホテル
クオリティホテルCKSシドニーエアポート
エアポートホテル・シドニー

 

【キングス・フォード・スミス国際空港周辺地図】